ツイステ仮装 ディズニーハロウィーン2020では一切不可! その理由を詳しく解説

皆さん、こんにちは。

今日、7月10日(金)、東京ディズニーリゾートの公式ページのトップニュースが更新されました。

そこには、ショッキングな内容が・・・

中止するイベント・プログラム

東京ディズニーランド

「ディズニー・ハロウィーン」(2020年9月11日~11月1日)

東京ディズニーシー

「ディズニーハロウィーン」(2020年9月11日~11月1日)

 

今年の秋、ディズニーではハロウィーンイベントを開催しないことが公式に発表されました。

また、ハロウィーンだけでなく、クリスマスイベント、お正月、1~3月、シーで予定されていたダッフィー&フレンズの新イベントも中止です。ランドの新エリアのオープンに関しても、まったくの白紙状態になりました。

2020年度の後半9月以降は、ディズニーの期間限定イベントは一切開催されません!

 

 

広告

ハロウィーンイベント中止➡ツイステの仮装も不可!

 

東京ディズニーリゾート(TDR)では、小学6年生までは、1年中、全身仮装してパークに入園することができます。

しかし、大人の全身仮装は、1年のうち、ハロウィーン期間開催中の2か月間しか許可されません。2020年は、そのハロウィーンイベント自体が中止になったので、当然、大人の全身仮装も中止です。ということで、

 

2020年は、ディズニーハロウィーンは開催しません。よって「ツイステッドワンダーランド」のキャラクターの仮装も、一切出来ません!

 

一部のツイステファン、ディズニーファンの間で「ハロウィーン期間にツイステの仮装は是か非か⁉」といった論争が巻き起こっていたのですが、今年はその問題の解決はお預けとなりました。

ネットでは、早くもツイステキャラの仮装コスチュームがたくさん出品されていて、「ディズニーハロウィーンに着ていこう」と購入されたファンの方も多いと思います。

でもその衣装を、今年のパークで着ることはできません。ツイステファンにとっては残念かもしれませんが、別のコスプレイベントや同人誌即売会で、その美を披露してくださいね。

 

「ディズニーでツイステの仮装ができないだと⁉ 嘘をつくな、責任者をここへ呼べ! 首をはねてやる!」

 

この事実を知ったら、リドル君、きっとこう叫ぶでしょうね。怖い~

でも、私のせいじゃないですよ~~ すべてはコロナウィルス感染拡大防止のため。なにとぞご理解、ご協力をお願いします~~(;^_^A

 

 

ハロウィーンイベントで、なぜ仮装なのか?

 

ここ数年、パークでは、ハロウィーンイベントがクリスマスイベントを超えるほどの大人気になっています。その理由は様々ありますが、最大の理由は「ハロウィーンは、大人が堂々と仮装を楽しめる」という点でしょう。

欧米のハロウィーンは、こどもがお化けや黒猫に仮装する程度なのですが、なぜか日本では、大人が本格的な仮装をして街を練り歩くイベントとして定着してしまいました。

そのきっかけの一つが、TDRのハロウィーンイベントの一環「大人の仮装OK日」であることは間違いありません。

 

もともと日本には「着せ替え人形」の文化があり、これに人の変身願望が結びついてコスチュームプレイ(略してコスプレ)という独特の仮装文化が生まれました。例えば、アニメやゲームのキャラクターそっくりのコスチュームを作り、身も心もキャラクターになりきるといったものですね。

それにツイッターやインスタグラムなど、写真で情報を発信するSNSの普及が重なったことも大きいです。

TDRにおける仮装も根本は同じですが、TDRの場合は、「アニメや映画に登場するキャラが、そのまま抜け出てきたような」再現度に重きが置かれています。

白雪姫やシンデレラ、「美女と野獣」のベルのドレスの完璧な再現、仲間同士で1つの作品の仮装をして、フォトスポットのシンデレラ城の前で映画の1シーンを再現するなど。ディズニーの仮装は、アニメや映画に忠実なほど、ギャラリーのゲストから高い評価がもらえるのです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、ランドで撮影した、仮装ダッフィーご一行様。S、M、Lサイズが勢ぞろいすると、迫力がありますね。

 

こちらは、私がMサイズのメイちゃん用に作った「ホーンテッドマンション」のキャストさんのコスチュームです。生地屋さんで、ホンテのコスと同じ色の布を見つけて、即、ホンテのコスを作ろう!とひらめきました。ヘッドドレスは、ネットで探しても画像が少なくて、再現に苦労しました。

この子を連れて、ホーンテッドのキャストさんに会いに行ったら、皆さん「わー、メイちゃん、同じお洋服だね。」とほめてくださいました。うれし~💛

ディズニーハロウィーンでは、大人は、パーク内のキャストさんのコスチュームの仮装は禁止ですが、ダッフィーなどのぬいぐるみや小学6年生までのお子さんは、キャストの仮装はOKです。

 

 

ディズニーで仮装 ルールを守って平和に楽しもう!

 

TDRのホームページでは、毎年、ハロウィーン期間が近づくと、ハロウィーン仮装専用のサイトが開設され、仮装してもよい作品、キャラクターの一覧が公開されます。

今年はハロウィーンイベントが中止になったので、ハロウィーンのサイトも開設されません。

2021年にディズニーハロウィーンが開催されるかは現時点では全くわかりませんが、もし、開催されるとしたら、例年通りサイトが開設され、仮装OKの一覧が掲載されるでしょう。

その一覧に「ツイステ」の名称が記載されない限り、ディズニーハロウィーンでツイステの仮装はできないことを、理解して欲しいと思います。これは、パークを運営するオリエンタルランドが判断することなので、ディズニーファン、ツイステファンどちらも、その決定には従うしかありません。

 

ツイステは、一応ディズニー公認のゲームですが、作品の傾向から、普段ディズニーに来ない客層のプレイヤーもたくさんおられると思います。

ゲームを進めるうちに、ツイステの世界観を体験したくて、ディズニーに行ってみようかな、と思う方も出てくるでしょう。

TDRには、日本全国、世界からたくさんのゲストが来園されます。パーク側では、すべてのゲストが快適に過ごせるよう、一定のルールを設けて、ルールの順守をゲストにお願いをしています。ハロウィーン期間以外の大人の全身仮装NGも、そのルールの1つなんです。

 

TDRは、コロナウィルスの影響で休園が続き、7月1日にようやく再開することができました。今はまだまだ本調子のパークではありませんが、来年は、みんなが笑顔でハロウィーンイベントを楽しめることを、願ってやみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告