ディズニー株主優待券「抽選による入園」の当選確率は?オリエンタルランドが明かさない真実とは?

皆さん、こんにちは!

相変わらずコロナが猛威を振るっていますね。まん防期間のディズニーパークは、10時開園~19時閉園の超時短営業で、毎日ゲストをお迎えしています。

まん防期間のパークは1日5,000人までしか入園できませんが、休園前に買った「紙チケ」が対象の「抽選による入園」で当たったゲストは、それに関係なく、当選日に入園出来ます。

その「抽選による入園」に応募できる紙チケにはいろんな券種があるのですが、「株主優待券」はどれくらいの確率で当選するのかを気にする人が意外に多いんですよね。「株主優待券」とは、オリエンタルランドの株主しかもらえない「タダでパークに入園できるチケット」のことです。あれ~、オリエンタルランドの株って、みんなそんなに持っているの???

実は先日、ある筋から株主優待券についての情報をGETしたんです。そこには驚きの事実が!?

 

 

広告

株主優待券って何ですか?

 

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを営業しているのは「株式会社オリエンタルランド」という企業です。

株式会社は、投資家や企業に株を買ってもらい、その資金を元に事業を展開して儲けを出します。その儲けは、株主(株を買てくれた人)に「配当金」として還元、「株主優待」といった形のサービスも提供してくれます。それがいわゆる「株主優待券」ですね。

内容は企業によって様々で、オリエンタルランドの場合は、ランド、シーどちらかに入園できる「1ディパスポート」を株主優待券として株主に提供しています。

ディズニーの株主優待券については、こちらの記事をご覧ください。

 

【ディズニー株主優待券】見た目は可愛いけど訳ありチケットなんです。

 

https://sskumatei.com/2721.html

 

 

「抽選による入園」って何? どうやって申し込むの?

 

ディズニーのチケットは、大きく分けて2種類あります。

 

紙チケット(紙チケ)

〇名刺サイズで紙製、表面にキャラのイラスト付き

〇裏面にチケットの内容や注意事項が書き込まれている

eチケット(eチケ)

〇ディズニー公式サイトやディズニーアプリからオンラインで購入する電子チケット

〇スマホ表示タイプと、プリントアウトタイプの2種類

 

ディズニーチケット

こちらが休園前に販売されていた紙チケの絵柄の一覧。紙チケは手元に残るので、来園の思い出グッズとしても人気です。eチケで入園した後、わざわざ手数料200円を払って紙チケに交換する人も多いですね。

 

コロナ禍で2020年2月29日にパークは臨時休園。再開した2020年7月以降は「オンライン限定の日付指定」でしかパークに入園できなくなりました。そのため、休園前に購入した紙チケは、使用停止状態になってしまいました。

そういった使いたくても使えない紙チケを持っている人への救済措置が「抽選による入園」制度でなのです。

 

ディズニー「手持ちの紙チケ」で入園可能に⁉「抽選による入園」について詳しく解説!

 

https://sskumatei.com/3013.html

 

 

紙チケの券種によって、当選確率は変わるの?

 

「抽選による入園」には、ほとんどの紙チケが応募できます。当選確率も、券種による差は出ていないようです。でも、100%当選するケースがあるんですよ。それは、

「オリエンタルランドの株主が、株主優待券で応募した場合」です。

 

私が得た情報は、こういった内容でした。

  • オリエンタルランドの株主
  • 手持ちの株主優待券で「抽選による入園」に応募
  • 毎回、3,4枚まとめて応募している
  • 土日でも、希望の日はすべての応募が当選している

 

すご~い! これって、行きたい日に確実にディズニーへ行けるってことですよね。

「抽選による入園」って、思うほど当たらなくて困っている人も多いとか。そのため、公式では「ある条件を満たせば、3回の応募で必ず当たる」という制度を設けたほどなんです。(この制度については、別途、記事を書く予定)

この情報で注目すべきは、「オリエンタルランドの株主」が自ら応募しているという点です。株主優待券の正当な受取人である株主様の応募は、オリエンタルランド側で識別して確実に当選させてあげているということです。だって、株主様は会社にとって神様ですからね。

では、オリエンタルランドの株主でない人達は、どこで株主優待券を入手しているのでしょうか?

 

 

株主優待券は、転売チケットの主役?

 

先の項目で、オリエンタルランドの株を持っていれば、定期的に株主優待券がもらえることが分かりました。

株の世界でも、人気企業の株、そうではない株が存在します。オリエンタルランドは、企業自体は借金が少ない優良企業で、株の投資家の間では人気企業なんです。そういった投資家は、オリエンタルランドの株を多数保有していて、株主優待券もたくさんもらっていますが、テーマパークファンではない人が多いので使い道がない。

そういった株投資家が金券ショップやオークションサイトで売り払った株主優待券が「転売チケット」として多くのゲストの手に渡っているのです。

オリエンタルランドも、株主優待券の多くが転売されていることは百も承知です。でも、株主自らが株主優待券で応募することを考慮して「抽選による入園」の対象チケットに加えました。

 

2021月3月現在で、オリエンタルランドの株を持っている株主は約18万名。そのうち、個人投資家やディズニーのファンといった個人株主は約2割です。

 

(オリエンタルランド 公式より)

 

ディズニーのチケットには1枚1枚固有番号があります。株主優待券にも固有番号があり、その番号と株主リストを照合すれば、「抽選による入園」に応募してきたチケットが株主本人からなのか、転売チケットなのかは即座に判明します。だから当選確率の操作も簡単に行えるわけですね。

ディズニーは数年前から、チケットの不正譲渡、転売について厳しい対策を取り続けてきています。ディズニーの公式でも「チケットの不正譲渡や転売を派遣した時は、チケットの無効化を行う場合がある」と明言しています。今、市場に出回っている株主優待券のデザインは4種類ありますが、どの絵柄も利用期限は一律2022年1月31日まで延長されています。

 

株主湯体験尾デザイン一覧。あと1枚は「ベイマックス」のデザインです。一番上のドナルドの絵柄の株主優待券の利用期限は2021年6月30日となっていますが、この画像を保存した後で、2022年1月31日まで延長されました。

一般的な紙チケの利用期限は2022年3月31日までですが、株主優待券はそれより2回月も短いです。おそらく、1年でパークが最も混雑する2月、3月に駆け込み利用のゲストが集中しないようにするためでしょう。

ただ、それまでにパークが通常営業に戻れるかどうか。コロナ禍次第で、その時期まで「抽選による入園」制度が継続しているかも知れません。

 

あなたが何気なく入手した株主優待券=転売チケットは、運が良ければ抽選に当選して入園できるでしょう。でも、ずっと落選し続けて、利用期限が来てパァになってしまう危険なチケットでもあるのです。

 

では、この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

 

広告