東京ディズニーランド 入場ゲートの全面完成間近! 4月15日以降の運用を予想する

皆さん、こんにちは。

年が明けて、令和2年も、早や、1か月が経過しました。今年は、いよいよ、4月15日に、ランドの新エリアがグランドオープンします。

2017年4月5日に、新エリアの起工式を実施、約3年の年月をかけた大工事が、いよいよ完成です。それと並行して、2018年4月からは、入場ゲートの全面建て替え工事にも着手。

以降、ランドは、2020年4月の新エリアオープンに向けて、パーク全体に手を加える、大規模改修工事期間に突入しました。

これは、パークを営業しながら、新エリアを建設、入場ゲートの建て替え工事まで行うという、前代未聞の大規模事業です。

 

そこで、この記事では、間もなく完成する新ゲートや、新エリアの現地の画像を交えながら、新しく生まれ変わる

「新生・東京ディズニーランド」

の今後を、標榜したいと思います。

 

広告

ランドの入場ゲート 今は、こんな感じ

 

2020年1月20日撮影。

ランドの入場ゲートの、左半分の進捗状況。

入場ゲートがある屋根の部分は、ほぼ完成していますね。入場ゲートは、ハッピー15のゲストが利用する専用ゲートを挟んで、左右対称に設計されています。このゲートの左端にも、チケットの自動販売機ブース、有人のチケットブースが設置されると思われます。

 

あと2か月ほどで、ここが、2019年5月にオープンした、新ゲートの右半分みたいに、きれいなレンガ敷きの新ゲートになるんですねぇ。

今はこんな状態だけど、TDRの工事って、きちんと工期内に完成させるから、ほんと、すごい! まさにディズニーマジックですね。

 

 

「どんどん でてこい はたらく くるま~」

大型トラックとか、ショベルカーとか、働く車が好きな当方、TDRを訪れるたびに、こういった工事現場の工事車両を、熱心にカメラに収めています。はたから見たら、「何、撮ってるの~? 変なおばさん。」って感じでしょうね。(笑)

 

こういう、ガテン系のお仕事をされる方々の努力があってこそ、

「夢と魔法の王国」は、成り立っているんですね。

 

一般ゲストの開園前入園は、もはや過去の話

 

2018年4月15日に、入場ゲートの右半分の工事が開始して以降、ランド側は、旧ゲートの左側半分だけでは、多数の来園者をさばけないと判断し、開園時間前に、一般入園のゲストをランドに入園させるという、「開園前入園」措置を実施しました。

平日は、開園時間の15分前から、混雑する土日祝は、開園時間の30分前から、一般入園のゲストの入園を開始し、プラザ(シンデレラ城前の広場)まで進行させることで、ゲート前の混雑緩和に対応しました。

 

この措置の影響をもろに受けたのが、ディズニーホテル宿泊者だけが利用できる特権、「ハッピー15入園」利用者です。

ハッピー15では、開園15分前にランドに入園し、一部のアトラクションやショップが利用できるというもの。

それまでは、開園時間までの15分間、ハッピー15入園のゲストは、対象アトラクションを利用したり、キャラグリを楽しむなど、のんびりパークを散策することができました。

ところが、この措置が実施された4月15日以降は、ハッピー15入園のゲストと並行して、一般入園のゲストが入園するようになり、状況が一変。

プラザ周辺は、一応、ロープで仕切られているとはいえ、一般入園のゲストがびっしり。開園間際に入園したゲストは、パークを移動している間に開園時間になってしまい、開園前入園した一般ゲストの「開園ダッシュ」に追い抜かれるという事態まで発生していたそうです。

 

こういった、不利を受けたハッピー15利用者からの苦情が殺到したのか、パーク側は、2018年5月28日から、「開園前入園」の措置を、実質上廃止。以降は、混雑日のみ、開園15分前に開園前入園を実施、という方式に変更しました。

当時、ネット上では、この開園前入園を、「ハッピー15の権利がなくても、ランドに早く入れて、アトラクションにたくさん乗れる裏技」として、あちこちで紹介されていました。

そういった情報を信じて、5月28日以降にランドへ行ったゲストは、開園前入園をやっていなくて、がっかり。

yahoo知恵袋でも、

「ネットの情報を見て、ランドに行ったのに、開園前に入れてもらえなかった。なぜ? どうして? 」

という質問が、多く寄せられていましたね。

 

そして、2019年5月8日に、完成した、右半分の新ゲートの運用が開始。同日から、左半分のゲートが閉鎖され、建て替え工事が始まりました。

 

完成した右半分のゲートの運用状況ついては、以下の記事を参考にしてください。

「東京ディズニーランド 新入場ゲート完成! 知らないと損をする 5つの変更点!!」

https://sskumatei.com/670.html

 

新入場ゲートが運用されて以降は、ゲストの通行が、以前よりかなりスムーズになったので、開園前入園は、入場制限並みの混雑日でも、実施されていないようです。

 

現在の エントランスの様子

 

 

新ゲートを通過した先にある広場が、エントランスと呼ばれる場所です。

正面には、大きな花壇が設置され、季節の花で、ミッキーマウスの顔が描かれています。

 

2020年1~3月の間は、期間限定イベント「ベリーベリーミニー」を開催中。それにちなんで、花壇も、ミニーマウスのお顔にチェンジしています。これはランド37年の歴史の中で、初めてのこととか。

ミニーのシンボルである、大きなリボンや、長いまつげも、ちゃんと再現されていますね。

 

2019年10月撮影。

こちらが、デフォルトの、ミッキーのお顔の花壇。これは、エントランスの花壇が完成した直後で、まだ、エントランスのあちこち工事中で、板塀や養生シートだらけです。

 

現在は、まだ、エントランスの左半分が工事中で狭いので、開園直後のフリーのキャラクターグリーティングは、開園時の混雑が緩和されてから行われています。

お昼頃になると、割と頻繁にキャラが出てきますよ。

 

新装したエントランスには、このメインの花壇の他に、左右に小ぶりな花壇が設置されています。おそらくゲート工事が完成したら、その左右の花壇辺りで、以前のような、整列キャラくらーグリーティングが復活すると思われます。

グリに登場するキャラは、おそらく、デフォルトスタイルの、燕尾服のミッキー、赤いドット柄のワンピースのミニーでしょう。

定番のミッキー、ミニーに会える日が、待ち遠しいですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

定番の、燕尾服姿のミッキー。

個人的には、旧フェイスのミッキーの方が好きです。

 

4月15日以降、入園方式はどうなる?

 

 

こちらが、2020年4月15日にグランドオープンする、新エリアのイメージイラスト。

手前の白い囲いが、「ベイマックスのハッピーライド」で、FP対応の、ライド型アトラクションです。所属は、トゥモローランド。

 

その奥に広がるのが、「美女と野獣エリア」。所属は、ファンタジーランドですが、元の敷地のグランドサーキットが、トゥモローランド所属だったので、トゥモローランドと、トゥーンタウンの後ろ側に、美女と野獣エリアが、むにょ~っと割り込む形になっています。

このエリアには、

●新エリアのシンボルとなる、野獣のお城

●ファンタジーランド・フォレストアター。座席数1,300人で、シーのブロードウェイシアターと同クラスの、本格的なシアター。

●ライド型アトラクション「美女と野獣・魔法のものがたり」

●美女と野獣関連のレストラン、ショップ

が、オープンする予定です。

もう一つ、ミニーファン待望の、キャラグリ施設、「ミニーのスタイルスタジオ」も新設されます。所属は、トゥーンタウン。

位置的には、トゥーンタウンの旧ゲートがあった場所の右側、グーフィーのペイントハウスの裏側で、グランドサーキットの敷地の一角をトゥーンタウンに取り込んで、建設されています。

美女と野獣エリアは、それだけで、1つのエリアに匹敵するコンテンツです。クリッターカントリーが、スプラッシュマウンテン1つだけで成り立っているように、これは、「1エリア1テーマ」のエリアともいえるでしょう。

そのため、グランドサーキットの敷地だけでは足りなくて、ランド西側の、大型バス駐車場の敷地の一部を、パークの敷地に取り込んで、広大な敷地を確保しています。

 

新エリアオープンで、ランドの敷地面積は、少なくとも、以前の1割増しにはなっているはず。つまり、エントランスからの移動時間がかかる。

ここで、スマホでFPが、威力を発揮することになります。

というか、このシステム自体、ランドの新エリアや、シーの新アエリア(2020年開業予定)による、パークの敷地の拡大に対応するために開発されたといっても、過言ではないでしょう。

 

なお、新エリア全般については、後日、現地で撮影した画像をもとに、別途、記事を作成する予定です。

 

ちょっとだけ、残念なお知らせ・・・

 

2020年のランドは、春、夏の期間限定イベントは、行いません。

つまり、今年は、イースター、七夕、夏の散水ショーは、一切なし。

ハチャメチャな、「うさたま大脱走」、恒例の、人力車パレード「七夕グリーティング」、ドナルドが主役の、夜の城前ショー「ホット・ジャングル・サマー」。どれもこれも、2021年までお預けなんです~~~

 

それは、どうしてかっていうと、

●新エリアの集客数が未知数

●パーク右半分を大改造+新アトラクション導入で、ゲストの行動パターンが、全く読めない

●新エリアのアトラクションの習熟期間の確保

これらが、主な理由でしょう。新エリアオープンは、ディズニーファンだけでなく、各方面からも、注目度絶大です!! 

一般ゲスト向けのプレビュー日は、4月11日のようですが、おそらく、その前後に、プレス対応日が設定されると思われます。

2019年7月23日、シーに開業したソアリンの例から、プレス対応日は、4月9、10日、一般向けスニークは、4月12~13日と予想します。

グランドオープン以降は、新エリアにゲストが集中するでしょうから、事故やパニックが怖くて、限定イベントが組めない、というのが本音かも?

 

そこから、現在、実施されている、ハッピー15入園者の、開園時間の30分前から入園の措置は、どうするのかという疑問が出てきます。

美女と野獣のアトラクション、ベイマックスは、どちらもFP対応なので、スマホでFPを使えば、利用は簡単ですが、フォレストシアターや、ミニーのスタイルスタジオは、やはり遠いので、ハッピー15利用でも、現地に到着した時点で、開園時間になってしまうという懸念があります。これでは、ハッピー15のメリットが生かせない気が・・・

この辺は、現時点では、公式の発表を待つしかありません。

 

今年は、2020東京オリンピック開催年で、例年以上に、海外からのゲストの来園者増加が予想されます。

そこまで見越して、オリエンタルランドは、ランドの新エリア開発、入場ゲートの全面建て替え工事を、3年かけて敢行してきました。

いちTDRファンとして、無事に、4月15日のグランドオープンが迎えられるよう、陰ながら応援しています。

 

では、この記事が、皆さんのお出かけの参考になれば、幸いです。

広告