ディズニーシー「まん防」期間に営業しているレストランはどこ?ご飯難民にならないために

 皆さん、こんにちは。

5月21日~31日のディズニーは、「蔓延防止等重点措置(略してまん防)」の関係で、10時開園~19時閉園の超時短営業を行っています。入園者数も1パーク5,000人までに抑えているので、パーク内のショップやレストランは営業を休止しているところが多いです。シーでレストランと呼ばれる店は38店舗ありますが、まん防期間中は18店舗しか営業していません。これはちょっとショッキングな数字ですね。

そこで今回はまん防期間のシーで営業しているレストランのまとめ記事を作成しました。パークで「ご飯難民」にならないためと、コロナ禍中のパーク営業という特殊な期間の記録を残す意味も含めて、今のパークの状況を書き記していきたいと思います。

 

 

広告

PS対応のレストラン

 

では最初は、PS対応のレストランから。

PS(プライオリティーシーティング/優先案内)とは、ディズニー独自のレストランの予約形式で、事前にオンラインでレストランを予約。当日は指定時間にお店に行き、空いている席に優先的にご案内、という流れになります。PSはあらかじめ予約席が決まっているものではなく、ゲスト側から席の指定もできません。

 

レストラン名 営業時間 メニューの内容
マゼランズ 11時~17時30分 欧風料理
リストランテ・ディ・カナレット 10時30分~18時 イタリアン
SSコロンビア・ダイニング 11時~17時30分 欧風料理
テディルーズベルト・ラウンジ 11時~17時 喫茶、軽食
レストラン櫻 11時~18時 和食
ホライズンベイ・レストラン 11時~18時 ブッフェ形式の洋食

 

PS対応のレストランはランチ、ディナーに対応していますが、事前にPSを取らないと利用できません。

テディルーズベルトラウンジは、お酒も飲める喫茶店という雰囲気の店で、食事はサンドイッチ程度。通常はPS対応ではありませんが、人気が高くてゲストが集中しやすいので、まん防期間はPS対応になっています。

 

ある日のテディ・ルーズベルトラウンジでのひと時。豪華客船のラウンジをイメージした、重厚で落ち着いた雰囲気のお店です。

 

 

PSなしで利用できる/食事系

 

事前の予約なしで利用できるレストランは、こちら。

 

レストラン名 営業時間 メニューの内容
カフェ・ポルトフィーノ 15時~18時30分 ブッフェ形式のイタリアン
ザンビーニブラザーズ・レストラン 10時~18時30分 パスタ、ピザなど
ケープコッド・クックオフ 10時30分~14時 ハンバーガーなど
ドックサイド・ダイナー 10時30分~18時30分 サンドイッチやチキンなど
ユカタン・ベースキャンプ・グリル 12時~15時 グリル料理
カスバフードコート 11時~15時 カレーなど
セバスチャンのカリプソキッチン 11時30分~17時 ピザなど
ヴォルケイニア・レストラン 11時~17時45分 ブッフェ形式の中華料理

 

営業時間は、店によってまちまちです。例えば、カフェ・ポルトフィーノは15時開店なのでディナーでしか使えません。ユカタン、カスバはシーの奥地にあるので、ランチ営業のみで早めに閉店します。

パークの回り方を考える時は、利用するレストランの営業時間も加味しないと、「ご飯難民」になってしまいますね。

 

食べ歩き系/チキン

 

パークのお楽しみ、食べ歩き系のお店です。シーはもともとワゴンフードの店が少ないので、まん防期間に営業している店はたったこれだけです。

 

レストラン名 営業時間 メニューの内容
マンマ・ビスコッティ 15時~18時45分 総菜パン
エクスペディション・イート 10時30分~16時 スナックなど
ロストリバー・クックハウス 11時30分~16時 チキンレッグ
オープンセサミ 13時~17時 チュロス

 

シーと言えば、ギョーザドッグ、うきわまんが食べ歩きスナックとして有名ですが、どちらもパーク再開後は販売店がずっと休止して買うことが出来ません。他の店での振替販売もなしです。

 

ポップコーンワゴン

 

シーのポップコーンワゴンの一覧です。10か所のワゴンのうち、6か所も休止しています。

ランドのワゴンは16か所ありますが、シーは10か所。もとから数が少ないのにこんなに休止が多いなんて。シーではポップコーンワゴンを求めてさまようことになりそうですね。

 

 

シーの人気キャラ「ダッフィー」!

ケープコッドのポップコーンワゴンが休止しているため、ダッフィーのポップコーンバケットは、マーメイドラグーンのシータートル・スーべニアで振替販売しています。

 

シーはランドと違い、PS対応の店や、大人数で利用できるファミレスレベルの食事ができる店が多く、その分食べ歩き系のワゴンフードが少なめです。

そしてパーク再開後は、学生さんや若者に人気でテーブル数が多い「ニューヨーク・デリ」、「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」はずっと営業を休止しています。入園者数を2万人に制限している間は、この2店を開ける必要がないからでしょう。

 

まん防期間は6月も継続される予定です。これからシーへお出かけする人は、事前にレストランの営業時間をチェックすることをお忘れなく。

 

広告