ディズニー【ワクチン・検査パッケージ対象パスポート】販売!どんなチケット?よくわかる解説

皆さん、こんにちは!

11月のディズニーと言えばクリスマス!🎄

今年も大きなツリーは登場しませんが、パーク内のあちこちにクリスマスの装飾が施されて華やかな雰囲気になっています。ショーやパレードもクリスマス仕様にチェンジして、さらに気分が盛り上がりますね。

さて、11月12日にディズニー側は「ワクチン・検査パッケージ対象入園時間指定パスポート」の販売を発表しました。なになに?この長ったらしい名前のチケット? 中には「ディズニーのチケットはもう買ってあるけど、これからは入園する時にワクチン接種照明を見せないといけないの?」と勘違いする人も。

そこで今回は、この変てこりんな名前のチケットについての記事を作成しました。お値段的に割引はないけど、11月にディズニーに出かける人には「お助けチケット」になるかも知れません。

 

 

広告

【ワクチン・検査パッケージ対象】入園時間時間指定パスポートとは?

 

最初に、これは政府が行う「ワクチン・検査パッケージに関する技術実証」で、飲食店、大規模イベントが対象になっています。

平たく言うと、感染予防対策がしっかり行われている場所に、コロナワクチンを接種した人がたくさん集まったらどうなるのかを調査するのが目的です。

ディズニーもこの調査に協力することになり、そこで「ワクチン・検査パッケージ対象入園時間指定パスポート」が販売されることになったのです。

チケットの利用期間は2021年11月22日(月)~28日(日)の7日間だけ。

 

チケットについての主なポイントはこちら。

  • 販売開始は2021年11月15日(月)14時から
  • チケットの券種は12時から入園できる時間指定入園、大人/6,900円~8,400円
  • 入園にはワクチン接種記録などの接証明(後述)と身分証明書が必要
  • 現在、eチケを持っている場合は、そちらから券種変更も出来る

※接種証明の種類はこちら。

  • ワクチン接種記録(2回目接種から2週間経過以上経過していること)
  • PCR検査陰性証明書(入園3日前までの抗体を使用)
  • 抗原定性検査陰性証明書(入園1日前までの抗体を使用)
  • 本人確認ができるもの(原本のみ、コピー不可)/生年月日と氏名が印字されているもの、マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など

 

ということで、この条件に合う人は、公式の「オンライン限定の日付指定」とは別口でチケットが購入できます。実は、ここが大きなポイント! それについては次の項目で説明しますね。

それと、中には、このチケットを買いたいから、検査を受けて資格を得よう!と思う人もいるかも知れませんが、PCR検査などの陰性証明は、検査、発行に1~3万円かかるので、結果として高いチケットを買うことになります。それは現実的ではないかな。

 

「ワクチン・検査パッケージ対象チケット」全般については、公式のこちらのサイトをご覧ください。

https://www.tokyodisneyresort.jp/ticket/info/vaccine_testing_pass.html

 

 

 

ワクチン・検査パッケージパスポートは何枚販売される?

 

このパスポートの販売が発表されたのは、2021年11月12日。チケットの日付指定は、11月22日(月)~28日の7日間です。

11月12日の時点で、上記の日付指定はほぼ完売しています。「ワクチン・検査パッケージ対象チケット」の日付指定には土日や祝日前後の日も入っているので、この期間のチケットを買い逃した人には、ラッキーな追加販売といった感じですね。

公式では、チケットの販売枚数は公表されていません。現在のパークは、コロナ禍の沈静化により、入園者数の制限が緩和されていますが、受け入れるパーク側の体制もあるので、25,000人を上限に運営している模様です。

こういった調査で取ったデータを集計、分析する学問を「統計学」と言います。統計学で信頼出来るデータを得るには、最低でも2,000人分のサンプルデータが必要だそうです。

そこから、ワクチン・検査パッケージパスポートは、最低でも1パーク2,000枚は販売されると予測できます。ディズニーだったら、今の入園者の1割増しの3,000枚販売しても、余裕で受け入れられますね。だって休園前は、平日でも1日3、4万人入っていた人気でテーマパークですから。

例えば、該当期間にチケット確約のホテルを予約してディズニーに行く予定がある。できればもう1日パークに行きたいんだけど、チケットが買えないんだよね~、というワクチン接種済みの人には、これは美味しい情報ですよ。

 

 

こちらは、公式の11月28日(土)のチケットの販売状況の場面です。1ディ、一般販売の時間指定とも完売していますが、今回新規販売された「ワクチン・検査パッケージ対象チケット」は、11月15日24時の時点で、まだ購入可能です。

もともと12時から入園の時間指定は人気がないこと、ディズニーのゲストのメインである若者は、このチケットを買う資格を持っていない人が多いのが、売れ残っている原因ではと推測します。

 

ただ、この新しいチケットの販売、手放しで喜ぶことはできないんです。そう、そこが今回、一番大きな問題になるのです!

 

11月22日~28日のパークは混む!!

 

すでに日付指定が完売しているのに、ワクチン・検査パッケージパスポートが追加で販売!? つまり、その分、入園者が増えてパークが混むということです。

このパスポートは12時から入園の時間指定パスポートなので、ランドの美女と野獣、シーのソアリンのスタンバイパスの発券は無理ですが、他のスタンバイパス対応アトラクションのスタンバイパスは取れるし、対象外アトラクションはもちろん並んで利用できます。

ということで、11月22日~28日の期間のパークは、12時からがやたら混むことが予想されます。この期間に1ディで入園する予定がある人は、なるべく午前中にアトラクションを利用するなど、パークの回り方に工夫が必要になるでしょう。

 

いかがでしたか。突然登場した「ワクチン・検査パッケージ」パスポートの販売。クリスマス期間のパークの混み具合に大きく影響するのは間違いないと思います。

 

では、この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

 

広告