新型コロナウィルスの猛威 ディズニーへのおでかけは、行くべき? やめるべき?

皆さん、こんにちは。

2020年、今年の春節(旧正月)は、1月25日でした。

お隣の中国、アジア圏の国々では、旧正月を盛大に祝う風習があり、春節の日から1週間~10日は、国全体が春節休暇に入ります。

毎年、春節の頃には、中国、アジア圏からの団体客が、東京ディズニーリゾート(以下、TDR)に大挙訪れて、パークが大混雑するのが常でした。

しかし、今年は、春節の直前になって、中国・武漢市を感染源とする、「新型コロナウィルスによる、肺炎」(以下、新型肺炎と略す)という非常事態が発生!!

 

この状況を重く見た、アメリカ本国のディズニーは、1月25日に、上海ディズニー、26日には、香港ディズニーの休園を発表しました。現在、営業再開の目途は、まったく立っていません。

一方、TDRは、通常通り、営業を続けています。

 

そこで、この記事では、新型肺炎とは何ぞや?から、新型肺炎が、TDRやゲストに及ぼしている影響、今後の展開について、わかりやすく解説していきたいと思います。

 

 

広告

新型コロナウィスルって、何??

 

最初に、「ウィルス」といわれて、すぐ思いつくのが、インフルエンザ・ウィルス。冬場になると、あちこちで猛威を振りますが、実際、ウィルスって、どんな生き物なんでしょう?

ウィルスとは、生き物と無生物の中間の生き物で、自分だけでは生きていけないけど、生き物に寄生して、爆発的に増殖する性質を持った生物です。

寄生した生き物の栄養を横取りして増殖し、その過程で、生き物の細胞を破壊して毒をまき散らすので、それが原因で、寄生された生き物は体力を奪われて、最悪、死んでしまいます。

 

毎年、冬場に流行するインフルエンザも、「インフルエンザ菌」と呼ばれるウィルスが原因で引き起こされる病気です。

ウィルスは、自分だけでは増殖することができません。そこで、接触や空気感染で、生き物から生き物へと移り住み、仲間を増やしながら、生き延びてるのです。

 

今回、問題になっている新型コロナウィルスは、従来のウィルスが突然変異してできたもので、肺炎を引き起こすタイプのウィルスとみられています。

例えば、同じインフルエンザでも、熱が出るタイプ、体の節々が痛くなるタイプと、ウィルスの型の違いで、症状も違ってきます。それと同じですね。

この新型ウィルスを顕微鏡で見ると、表面に多数の突起があり、それが、太陽のコロナのように見えることから、「新型コロナウィルス」と命名されました。今後、分析、研究が進めば、インフルエンザ菌の、A型、B型みたいに、正式名称がつくのではと思います。

 

突然変異したウィルスに対しては、どんな薬が効くかが全く分からないので、一般的な、風邪の対処療法しかできません。そのため、症状の進みが早いと、重症化したり、死に至るケースも出てきます。

ただ、インフルエンザや、普通の風邪でも、感染者の体力が落ちていると、重症化するのはよくあることなので、一概に、新型だから危険!とも言えません。

 

まずは、風邪に負けない体力の維持と、体調管理が肝心です。

 

上海、香港が、早々に休園した理由

 

実は、中国政府は、新型肺炎の感染拡大は、2019年12月頃から、状況を把握していたそうです。

ただ、当面は、経過観察ということで、特に対策は講じていませんでした。

年が明けて、2020年1月11日に、この新型肺炎による、初の死亡者が出たことから、問題が表面化。

震源地とされる中国・武漢市が、1月23日から、市内の公共交通機関の全面運休をしたことで、「新型コロナウィルス」の存在が、世界中に知れ渡ることとなりました。

アメリカ本国のディズニーの対応は素早く、1月24日には、上海、香港ディズニーの休園を発表。そして、上海は25日から、香港は26日から、再開日未定の休園期間に入りました。

休園の理由は、「ゲストと、キャストの健康を守るため。」

 

不特定多数のゲストが集まるディズニーパークを運営し続けることで、新型肺炎の患者が増大したら、「ディズニーのせいで、病気が広がった。」、「公共性を考えない、儲け主義」といった批判が巻き起こったに違いありません。

ディズニーは、どこよりも、企業イメージを大事にする会社ですから、いち早く休園することで、ブランドイメージを守ったわけです。

 

中国には、日本と同じように、「干支(えと)」があります。

2020年は、12年に一度のネズミ年。上海、香港ディズニーでは、春節に向けて、ミッキーマウスをメインにした、大々的なイベントを予定していたそうです。

特に、2016年に開園した上海ディズニーは、今年は、開園以降、初めてのネズミ年なので、かなり力を入れて準備していた模様。

そういった、春節をテーマにしたショーや、キャラの限定コス、限定グッズなどは、今回の新型肺炎の影響で、すべてお蔵入りとなってしまいました。何とも、もったいない~

でも、それらと、ゲストとキャストの命の安全は、引き換えにはできませんよね。

 

 

日本のランド、シーは、通常通り営業

 

一方、オリエンタルランドが経営する、日本の東京ディズニーランド、東京ディズニーシーは、通常通り営業を続ける判断を下しました。詳細は、HPにもUPされています。

 

その理由は、おそらく、

●情報がUPされた1月27日の時点で、日本国内における、新型肺炎の感染者が、1人しかいなかった。

●新型肺炎は、感染力が比較的弱く、病状が軽度。感染も、通常のインフルエンザ予防対策で、防御できると判断。

●1月27日、中国政府が、中国人の、海外への団体旅行禁止を発表した。

こういったことと推測します。

1月28日からは、予防対策として、キャストがマスク着用で業務を行っているそうです。

ただ、現地からの情報では、マスク着用のキャストは、全体の3割程度とか。

これは、

「どんな状況でも、最高の笑顔で、ゲストをお迎えしたい!」

という、キャストさんの信念とプライドの表れだと、私は思いました。

 

ディズニーランドでは、今日も元気なミニーちゃんが主役の、期間限定イベント、

「ベリーベリーミニー」を開催中。

今のところ、ランドは、パークの各所が工事中、新型肺炎の影響で、来園者が控えめな状況です。パレードの場所取りもしやすいとか。

それでも、限定ショー「イッツベリーミニー」は、当たれば奇跡!?というくらい、当たらないそうです。さっすがミニー!!

 

敵を知り、己を知れ!

 

2020年2月6日現在、日本国内で確認された、新型肺炎の感染者は、23人です。

ニュースでは、感染者の国籍は公表されていませんが、そのほとんどは、中国在住者か、直近で、中国への渡航歴がある人ばかりであることが判明しています。

唯一、中国への渡航歴がない感染者が、奈良県在住のバス運転手さん。この方が運転するバスに、中国人観光客の団体が乗車していたので、当初は、それが感染の原因ではと思われていました。

その後、このバスに同乗していたバスガイドさんも、肺炎を発症、検査の結果、新型肺炎であることが判明しました。

ただ、このバスガイドさんは中国人で、この乗務の前に、中国へ渡航した経歴があります。前出のバス運転手さんは、中国の団体客からではなく、このバスガイドさんから感染したと考える方が自然でしょう。

 

新型肺炎は、空気感染ではなく、接触感染です。ニュースなどでも、「濃密な接触」と表現されていますね。

例えば、

感染者の手についたウィルスが、触った場所に付着

そこを、後から触った人の手に付着

その手で口元を触るなどして、口からウィルスが体内に侵入して感染

ウィルスは、こういった経路を経てで感染します。

手からの感染は、こまめな手洗い、アルコール消毒、手を口元に近づけない、といった意識を持つことで、ほぼ、100%、防御できます。

 

他にも、感染者のくしゃみや咳の飛沫が付着して感染する「飛沫感染」。これは、感染者がマスクをすることで防げます。

本来、マスクとは、菌を防御するのではなく、菌をまき散らさないための装具なんですよ。

もし、完璧にウィルスを防御しようと思ったら、顔半分を覆う立体型マスクや、医療関係者用のサージカルマスクでないと、効果は期待できないそうです。

ということで、100均やコンビニのマスク程度では、ウィルスは、全然防げてません!!

それよりは、こまめな手洗い、栄養のある食事、睡眠をよく取って、体調を整える方が、はるかに効果的です。

体調を整える=おなかの調子を整える、です。「腸内フローラ」って言葉を、ご存じですか?

人間の腸内には、1,000種類1,000兆個の様々な細菌が生息していて、それらがバランスを取りながら、腸内の環境を良好に保ってくれているのです。その様子を顕微鏡で見ると、きれいなお花畑(フローラ)のように見えることから、「腸内フローラ」という言葉が生まれました。

その腸内の細菌が減ってきたり、バランスが崩れると、便秘や軟便を引き起こして、体の抵抗力が下がってしまいます。

そうならないために、ヨーグルトやサプリメントで、乳酸菌を補うことは、体調を整えるために、とても有効な手段です。

 

 

人には、ウィルスなどに感染しても、ある程度、体が防御する、「免疫機能」があり、ウィルスに感染しても、発症しないことがあります。それが、いわゆる、健康保菌者」と呼ばれる人達です。

普段から体力があり、過去に、インフルエンザなどに罹った履歴のある人は、インフルエンザが流行していても、かかりにくいと言われています。

一方では、健康保菌者が、日常生活の中で、「ウィルスの運び屋さん」になってしまい、感染が拡大するという問題点も指摘されています。

ただ、これに関しては、本人に全く自覚症状がないのですから、責任を問うのは、酷かと思います。

 

こういった、ウィルス感染に対する基礎知識があれば、新型肺炎も、やたらと恐れる必要はありません。

「敵を知り 己を知れば 百戦殆うからず」

何事も、むやみに恐れるのではなく、正しい知識を持って、対処しましょう。

 

 

新型コロナウィルスが怖くて、ディズニーに行けない~~

 

1月下旬ころから、Yahoo知恵袋のテーマパークカテでは、

来月、ディズニーに行くんだけど、新型コロナウィルスが怖いです。」

「新型肺炎の影響で、ディズニーは空いていますか?」

といった質問が急増しています。

いや~、回答者は、預言者じゃないし、新型肺炎が、この先どうなるかなんて、誰にも予測できないですよね。この辺は、あくまでも、自己責任の世界だと思います。

この記事を執筆するにあたり、新型肺炎について、いろいろ調べてみましたが、筆者個人の意見としては、今のTDRで、新型肺炎にかかる危険性は、まずないと思ってます。

 

毎年、この時期の、人が多く集まる場所は、いろんな病原菌がうじゃうじゃ飛んでいます。インフルエンザにかかった人全員が、ディズニーに出かけてるわけでもないですよね。

TDRに到着するまでに、交通機関や商業施設などで、すでにウィルスをもらっている可能性の方が、はるかに大きい。

なので、ことさら、「ディズニーに行ったら、新型肺炎が移る」という言い草は、全く根拠がない!! 無知からくる短絡的なな思想は、やめてもらいたいと思います。

厚生労働省も、「新型肺炎は、インフルエンザの予防対策で防御できる。」と公言しています。前の項目でも、たとえ感染しても、体力、免疫力があれば、必ずしも発症するものではないと、説明しています。

ということで、これからTDRへ出かける予定がある方々。

予防対策と体調を整えて、予定通り、TDRへお出かけしましょう!!

 

実際、そういった考えの方も多いようで、ここ数日のTDRは、多少空いているものの、混むところは混んでいる感じです。

 

これは、2月2日(日)の、ソアリンのスタンバイ、FP発券状況です。

開園10分で、FPの乗車時間が17時以降、スタンバイが110分って、今までの日曜と、ほとんど変わらない混雑ぶりです。

 

2月2日頃は、新型肺炎のニュースが連日報道され、人ごみに出ると、感染するかも?という認識が浸透してきた時期です。

これは、「新型肺炎が気になるけど、せっかく予定を立てたのだから」と、TDRへお出かけされた方が多かったという証明ですね。

 

 

こちら、同日、同時刻の、トイストーリーマニア!の状況。

この日は8時開園でしたが、FPの乗車時間は、すでに11時50分まで進んでいます。

今のシーでは、朝イチにソアリンのFP発券→トイストーリーマニア!にスタンバイが、トレンドです。

絶叫系メインのゲストは、ソアリンのFP発券→タワーやセンターにスタンバイが、トレンド。

なので、朝イチからトイストーリーマニア!のスタンバイが、180分超えってことは、お子さんがいる家族連れの入園が多いと分析されます。

新型肺炎に怯えるより、家族でTDRを楽しんじゃおう!って感じかな。

 

 

いかがでしたか?

新型肺炎は、確かに気になるけど、日本政府の水際対策が功を奏して、今回は、国内の大感染は、回避されています。

TVや新聞などの、信頼性の高いメディアから正しい情報を入手して対応していれば、新型肺炎は、「やっつけられないヴィランズ」ではないことが、ご理解いただけたと思います。

では、この記事が、皆さんのお出かけの参考になれば、幸いです。

 

 

<2020年2月28日追記>

本日、TDRを運営するオリエンタルランドは、新型肺炎の蔓延を考慮して、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを、2月29日~3月15日の間、休園すると発表しました。

再開は、3月16日を予定していますが、あくまでも暫定的な日程で、再開日は、今後の状況次第で、さらに延期される可能性があるとのことです。

 

広告