シー再開後のソアリン 入園者が少ないのにスタンバイ100分の謎 アレッタは舞い降りない!

皆さん、こんにちは。

2020年7月1日、シーが再開してから1か月半が過ぎました。シーでは、コロナウィルス感染防止対策を万全に施して、日々、ゲストをお迎えしています。

パーク再開後、ランドはパーク全体にゲストがばらけて、スタンバイ時間も落ち着いた状態ですが、シーの方は、相変わらずソアリンにゲストが集中して長時間待ちが発生しています。

開園直後は、ゲストが集中するため、すぐにスタンバイ80~100分状態に。その後もゲストが途切れず、ずっと50~70分待ち状態が続きます。

確かにソアリンは大人気アトラクションだから、ゲストが集中してしまうのは仕方ないのですが、再開後は入園者数をかなり抑えているのに、スタンバイ時間が減らないのはなぜなんでしょう?

この記事では、ソアリンのスタンバイ時間が短くならない理由を、いろんな角度から検証していきたいと思います。

 

 

 

ソアリンのエントランス近影。ソアリンのアトラクション部分は、女性飛行家カメリア・ファルコの所蔵品を展示している飛行博物館の中にあります。ブルーのドーム屋根や、レリーフを施した大理石の外壁が、優雅で上品ですね。

 

 

広告

「人気アトラクションは朝イチに乗れ!」は、もう古い!

 

ディズニーでは、長い間、「人気アトラクションは、空いている朝イチでスタンバイ乗車するべし!」といった回り方が、神話のように語り継がれてきました。

例えば、ディズニーホテルに宿泊してハッピー15を利用すれば、人気アトラクションが短時間で利用出来るのは事実ですが、そのためには、早朝からハッピー15専用ゲートに並ぶ必要があります。アトラクションには短時間で乗れても、その前にゲート前で何時間も待機しているのですから、結局は並んでいるんですよね。

一般入園のゲストは、たとえゲート前最前列に並んで入園しても、パーク内にはすでにハッピー15のゲストが散らばっているので、人気どころに直行しても、数十分待ちになってしまいます。

 

そして、2019年7月23日。ソアリンのグランドオープンと同じ日に、「スマホでFP」が運用開始されたことで、パークの回り方、FPの発券の仕方が根底からすっかり変わってしまいました。今は、

 

入園したら、スマホでソアリンのFPを発券

次のFPが取れる時間までは、他の空いているアトラクションを利用

FPが取れる時間になったら、人気どころのFPを発券してから、ソアリンにFP乗車。

これが、2019年7月23日以降の、シーの王道の回り方です。

 

しかし、コロナウィルスによる長期休園から再開した今は、FPシステム自体が休止、シングルライダーも運営なしなので、アトラクションはすべてスタンバイ乗車しかできません。

パークの状況が休園前と大きく変わっているのに、ゲストの脳内は休園前のまま。だから、開園直後にソアリンにゲストが集中して、一気に80~100分待ちになってしまうのです。

 

 

お盆前の8月9日8時30分頃の、ソアリンのスタンバイ時間。朝から110分待ちはきついなぁ。

この後、11時組が入園する前や、お昼時の13時頃は、60分前後まで減っていました。

 

 

再開後は、アトラクションもソーシャルディスタンス

 

ソアリンは、3Dシアタータイプのアトラクションです。館内には同じ造りのシアターが2つあり、それぞれ1回で87人が利用できます。こちらが座席の配置の略図です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーースクリーンーーーーーーーーーーーーーーーー

A列 B列 C列
上段10席 上段10席 上段10席
中段10席 中段10席 中段10席
下段9席 下段9席 下段9席

 

再開後は、密を防ぐため、グループごとに座席を空けて着席させています。たとえば、こんなこんな感じ。(〇が人、■が空席)

〇〇■〇〇■〇■〇〇

グループの人数の組み合わせで、1列で3,4席は空席ができるし、お一人様ばかりだったら、1列に5人しか座れません。そのため、1乗車でさばける人数が、休園前の3、4割減になり、その分スタンバイ時間が延びることになるのです。

 

スタンバイ列も、ソーシャルディスタンスを確保するため、1グループごとに2m間隔で並ばせるので、スタンバイ列がめちゃくちゃ長くなっています。混雑時は、ソアリンから海底2万マイルのスタンバイルートを通って、マーメイドラグーン方面まで列が伸びているとか。

ゲストの間隔が広いから列が長いだけなので、列の進みは早いですが、2万マイルの中にまで並ぶと聞くだけで、ちょっとげんなりしますね。

 

休業前の、ある日のソアリンのスタンバイルートの最後尾。ここは、海底2万マイルのFP発券所の入り口です。この時は海底2万マイルは普通に営業していたので、ソアリンのスタンバイ列は、FPルートを開放してそこに通していました。この時点で、ソアリンのスタンバイ時間は、約200分。

再開後は、海底2万マイルはずっと休業しています。そのため、ソアリンのスタンバイは、2万マイルの入り口から乗り場までの通路を使用。それでも足りない時は、アトラクションの降り口へ道順をつなげて、マーメイドラグーン方面までゲストを流します。それだけ並んだ状態で、およそスタンバイ100分。

両者の比較から、どれだけ間隔を空けてゲストを並ばせているかがわかりますね。

 

 

3密を防ぐため、プレショーはカット

 

ソアリンには、緻密に構成されたバックグラウンドストーリーがあります。

ソアリンの主人公は、イタリアの女性飛行家カメリア・ファルコ。彼女は、生涯、空を飛ぶことに情熱を注ぎ、魂の赴くまま、世界中の空を巡り続けてきました。

そんな彼女が世界中から集めた「飛行」に関する品々が展示されているのが、ソアリンの建物「飛行博物館」です。

ゲストは、スタンバイルートになっている博物館の展示物を見学しながら進み、プレショールーム、レクチャールームを経て、ソアリンに乗車します。

そのプレショールームでは、カメリア・ファルコの愛鳥・アレッタがゲストにご挨拶してくれる演出が見ものなんですが、シー再開後は、3密を防ぐため、プレショーは上演されず、そのまま通過に変更されています。シーのタワー・オブ・テラー、ランドのホーンテッドマンションなど、プレショールームがあるアトラクションは、再開後はどこもプレショーをカットして営業を行っています。

 

ここが、プレショールームへ通じるルートの分岐点です。これより先は撮影禁止。

この先の左右にシアターが設置されています。

 

ディズニーのアトラクションには、バックグラウンドストーリーとその世界観をより詳しくゲストに伝えるために、プレショールームを持つものがいくつもあります。

でも今は、その演出のためのプレショールームで密が発生し、コロナウィルスが広がる原因になってしまうので、やむなくカットしているわけです。

残念だけど、今のソアリンでは、アレッタは、ゲストのもとには舞い降りてきません。

 

プレショールームの先には、乗車前に関するお願いや注意点をレクチャーする部屋があり、その先がソアリン本体のアトラクションルームになります。

アトラクションの座席は、1回上演ごとに、キャストが念入りに消毒作業を行います。全部で87席あるので、消毒作業だけでも結構な時間がかかります。それが、スタンバイ時間が長くなる原因にもなっています。

コロナウィルスは微細なので、どこにくっついているのか全く分かりません。キャストさん達は、ゲストの安全を守るために、毎日こういった地道な作業を丁寧にこなしておられるのです。

 

ソアリンは、いつ乗るのが正解?

 

ここまでで、再開後の入園者数が少ないシーでも、ソアリンだけは別、60分待ちが当たり前というのがわかっていただけたと思います。1日中、スタンバイ時間が変わらないなら、いつ乗ってもいいってことですよね。

開園直後~30分の間は、1日の中でスタンバイ時間が一番長くなる時間帯なので、このタイミングでソアリンに並ぶのだけはやめましょう。

それと、パーク再開後は、朝から入園できる1ディの他に、11時から、14時からと、ゲストが分散して入園してきます。そういうゲストも、入園後にソアリンへ直行する傾向があるので、その時間帯はスタンバイ時間が跳ね上がります。つまり、今のソアリンは、スタンバイ時間が長くなるタイミングが1日3回あるということ。そのタイミングを外すのが、ソアリン利用のコツです。

それと、常にスタンバイ60分ということは、20時閉園の今だと、19時にはラインカットされます。

「ディズニーは、夜になったらスタンバイ時間が減るから、ソアリンは夜に乗ろうぜ!」などど、いい加減な都市伝説?を信じて19時頃にソアリンへ向かったら、「本日のご案内は終了しました。」と門前払いを食らうかもしれませんよ。

 

ここまでいろいろと書いてきましたが、ソアリンは、休園前は120~140分以下にはならなかった超人気アトラクションです。パーク再開後は、朝イチを除けば大体45~80分くらいで乗れるので、今が乗り時かも知れませんね。

 

では最後に、自称「パークの周りスト」ラギが提案する、FPがなくても効率よくシーのアトラクションに乗れるプランをご紹介しましょう。1ディ利用で8時から入園できる場合のおすすめパターンです。

 

入園したら、まず、センターに乗車。1回乗ってまだ5分待ちなら、2回乗車しても

インディ、レイジング

アクアトピア、シーライダー

タワー・オブ・テラー

ケープコッド経由で、再びミステリアスアイランドに戻り、マーメイドラグーン方面へ

マーメイドラグーンの乗り物

アラビアンコーストへ行って、キャラバンカルーセル、フライングカーペット、シンドバッド利用。マジックランプシアターは11時開業なので、タイミングが合えば、ここで利用

どこかでランチ

この時点で乗っていないものは、ソアリン、トイストーリーマニア!、タートルトークの3つだけ。後は、スタンバイ時間を見て乗り時を決める。空いた時間で、ゆっくりショッピング

 

いかがですか? 空いているものをサクサクっと利用し、食事や買い物も先に済ませておけば、20時閉園でも、自由時間がたっぷり残りますよね。後は、スタンバイ時間が長いものに、休憩を兼ねて並ぶだけなので、気持ち的にもゆったりできます。

 

では、この記事が、皆さんのお出かけの参考になれば、幸いです。

 

 

 

 

広告