ディズニー「アーリーエントリーチケット」はどこで売っているの?使い方は?よくわかるまとめ

皆さん、こんにちは!

コロナ禍が続いていますが、ディズニーパークはコロナ感染対策の徹底と入場者数を減らして営業を続けています。

ところで皆さん。2月20日(土)からディズニーシー限定で「アーリーエントリーチケット」が販売されることは御存じですか?

これの販売はディズニーシーだけ。しかも朝8時から9時までのたった1時間しか使えないチケットで1枚3,000円します。そしてこのチケットの利用が始まると、一般入園のゲストに大きな影響が出る可能性が…

 

そこで今回は、導入直近なのにほとんど知られていないこの制度についての記事を作成しました。そろそろ卒業旅行が本格化する時期。このチケットの存在を知らないと、せっかくのシーの卒業旅行の計画が大きく狂ってしまうかも知れませんよ。

 

広告

アーリーエントリーチケットとは?

 

最初にこのチケットは、ディズニーホテルに宿泊したゲストだけが買える特殊なチケットです。公式の発表をまとめると、こういったことが出来るようです。

 

販売期間 2021年2月20日(土)~3月31日(水)
価格 3,000円、別途シーの1ディ8,200円が必要
利用時間 午前8時~9時、1ディ9時~21時(予定)

利用できるアトラクション

 

対象アトラクション(現時点では未定だがソアリンは入るはず)

スタンバイパスの発券

利用できる施設 未定(予想/エンポーリオ、ガッレリーア)

内容については、実際に運用が始まってから追記します。

 

 

ハッピー15とアーリーエントリー、どこが違うの?

 

ハッピー15は開園15分前から、アーリーエントリーは開園1時間前からパークに入園できます。

時間的にはたった45分の違いだけに見えますが、実はパーク内でできることには大きな差があるのです。

今回のアーリーエントリーはシーだけなので、シーのハッピー15と過去に実施されたシーのアーリーエントリーの内容を比較してみましょう。

 

特典の内容 ハッピー15 アーリーエントリー
入園ゲート

ミラコスタ宿泊客/ノース専用ゲート

アンバサダー、ランドホテル、セレブレーションホテル宿泊者/サウス専用ゲート

対象ホテルホテル宿泊者/ノース専用ゲート
アトラクション

ハッピー15指定のアトラクションのみ、スタンバイ乗車可。

移動は限られたエリアだけ

主なライド系のアトラクションがスタンバイ乗車可

パーク内どこでも移動可

FPの発券 ハッピー15指定のアトラクションがFP対応なら、それのFPが発券出来る。他は開園時間になってから。 FP対応アトラクションすべてのFPが発券出来る
ショップ、サービス施設

エンポーリオ、ガッレリーア

エンポーリオ、ガッレリーア

 

アーリーエントリーだと、入園した時点で主なアトラクションがどれもスタンバイ乗車可能なので、乗り放題状態で楽しめます。パーク内の移動も自由なので、アトラクションに2、3個乗ってからキャラグリ施設に並んで、朝一番でキャラに会うという楽しみ方をする方も多かったです。

 

ただ今回はコロナ禍ということもあり、アーリーエントリーで利用できる施設はハーバー周辺、アメリカンウォーターフロントまでに限られるでしょう。それでも、

●入園してソアリンのスタンバイパスを発券、そのままスタンバイ乗車➡ソアリンにスタンバイパス乗車➡センターや2万マイルを利用

●入園してソアリンのスタンバイパス発券➡トイストーリーマニア!にスタンバイ乗車➡タワーにスタンバイ乗車

●入園してセンターにスタンバイ乗車、20分で3回行けるかも?➡ソアリンのスタンバイパス発券(朝イチで発券すると、センターループが出来ない)➡何かにスタンバイ乗車

これくらいのことはできるでしょう。入園者数が極端に少ないからこそできる、一種の離れ業ですね。

 

 

一般入のゲストが不利になる理由とは?

 

パークの開園時間は、公式にはランド、シーとも9時開園と記載されていますが、実際はランド8時30分、シー8時45分には入園を開始してゲストをどんどんパーク内に入園させています。アトラクションの営業開始、スタンバイパス発券は9時からです。

シーの「アーリーエントリーチケット」制度が始まる2月20日からは、一般入園のゲストは9時から入園になると予想されます。

その根拠は、こちら。

 

これは、オリエンタルランドの「アーリーエントリーチケット」に関する公式発表の文面の抜粋です。

注目すべきは「他のゲストより一足先に対象アトラクションの利用やスタンバイパスの取得など…」という一文。これは、アーリーエントリーチケット購入者が入園している午前8時~9時の間は、一般遊園のゲストは入園させないことを意味します。

今の入園制度ではゲートを通過した時点でチケットのQRコードに入園記録が付き、その時点からスタンバイパスが発券できます。今までのように一般入園のゲストを8時45分に入園させたら、その時点からスタンバイパスが発券出来てしまうので、アーリーエントリーチケットを買ったゲストは怒りますよね。こっちは3,000円余分に払っているのにって。

ということで2月20日~3月31日の間は一般入園のゲストの8時45分から入園は行われないと思われます。

そうすると一般入園のゲストは、仮に最前列から入園したとしても、ソアリンのスタンバイパスの早い時間のものが発券できない。事前に計画していたパークの回り方が出だしから大コケしてしまうのです。

 

ディズニーホテル4館の客室数を全部合計すると約2,400室あります。

例えば、そのうち1,000室に予約が入って3人ずつ宿泊、3,000人。その半分が翌日シーに入園予定で1,500人、その半分がアーリーエントリーチケットを買ったとしたら750人が開園時間前にはシーへ入園しているという計算です。そしておそらく全員がソアリンのスタンバイパスを発券するでしょう。

予想では、一般入園のゲストが取れるスタンバイパスの時間は、最前列から入園しても11時以降になると思われます。

2月20日以降は、せっかく早めにパークに到着して、朝イチでソアリンのスタンバイパスを取るぞ~!と意気込んでたのに、発券してみたら、利用時間が11時~12時⁉ 何でそんな先の時間になるの~⁉と絶叫するゲストが続出しそう。

この辺は、運用が始まらないとどうなるかは予測不能。実際に運用が始まったら、データを取って追記する予定です。

 

アーリーエントリー、過去に実施された例がある⁉

 

ディズニーパークで「アーリーエントリー」が初めて導入されたのは2005年のシーでした。当時はディズニーホテル宿泊者しか利用できず、アトラクションはFPの発券だけで乗車は出来ませんでした。

2007年からはパーク周辺のオフィシャルホテル宿泊者も利用できるようになり、アトラクションのスタンバイ乗車が可能に。当時は2006年に開業した人気アトラクション「タワー・オブ・テラー」が短時間で利用できるのが大きな売りでした。実施日は4月中旬、6月、1月などの閑散期で10時開園の平日が対象でした。

当時のシーのアーリーエントリーを何度か利用しましたが、利用者はせいぜい400~500人程度だったので、パーク内はガラガラでアトラクション乗り放題。20分でセンターに3回乗って、タワーに乗って、当時はアメリカウォーターフロントで実施していたダッフィーグリに並んでも、まだ時間が余るといった状態でした。

 

2009年からはランドでもアーリーエントリーが実施されるようになりました。当時のランドは、2008年に開業したモンスターズインクが大人気で、開園直後にFP(ファストパス)を取る列がシンデレラ城まで伸び、発券までに30分はかかるという状態が続いていました。

ランドのアーリーエントリーでは、ほとんどのアトラクションがスタンバイ利用可能なのに加え、モンスターズインクのみFPが発券できたので、利用者の多くが、アーリーエントリーで入園➡モンスターズのFPを発券してからスタンバイ乗車、というパターンで動いていました。これは非常においしい内容でしたね。

そのため、アーリーエントリーがある日の一般入園のゲストは、最前列から入園しても、モンスターズのFPの利用時間が14時以降とかになってしまい、ものすごい不利を受けていました。

 

2009年10月のある日のランド。当時のモンスターズインクの人気はものすごくて、開園直後からFP発券所にゲストが殺到して大混雑になっていました。

 

その後も各パーク年に1,2回アーリーエントリー実施期間が設けられましたが、2011年3月に東日本大震災が発生してパークが休園、再開後は予定していた6月のアーリーエントリーが中止となり、以降、この制度は自然消滅しました。

制度の消滅には、2012年からディズニーホテル宿泊者特典の「ハッピー15」が始まったことも関係しています。

その「アーリーエントリー」制度が10年を経て有料で復活するとは。当時はシーの「タワー・オブ・テラー」やランドの「モンスターズインク」がその主役でしたが、今回はソアリンが主役ですね。

 

いかがでしたか。

アーリーエントリーチケットを使うゲストは、ガラガラのシーを思うままに利用できますが、一般入園のゲストはそのあおりを食ってちょっと損をしてしまいます。

ただ、2月7日で終わる予定の緊急事態宣言が2月末まで延長されそうな雰囲気なのが気になります。延長された場合は、アーリーエントリーチケットやその内容にも影響が出るかも知れません。

これからも公式の情報更新から目が離せませんね。

 

<2021年2月7日 追記>

政府が緊急事態宣言を3月7日まで延長したことを受けて、ディズニーの時短営業も同日まで延長されることなりました。

1月12日(火)~2月12日(金)まで 9時開園19時閉園

2月13日(土)~3月7日(日)まで 10時開園~19時閉園

開園時間が1時間遅くなったことで、2月20日から実施予定だったアーリーエントリーチケットの販売は中止になりました。今後どうなるかは、公式の発表を待つことになります。

 

 

 

広告