ディズニー入園者数引き上げ!営業時間延長!11月のディズニーはどれくらい混むの!?よくわかる解説

皆さん、こんにちは!

2021年10月21日、ディズニー公式が発表したニュースが、メディアで大々的に取り上げられました。それは、

入園者数引き上げ!

営業時間の延長!

 

コロナ禍による自粛営業がようやく終わり、10月25日からディズニーは入園者数を増やし、11月からは営業時間も延長すると発表したのです。パチパチパチ~!!

と言ってもいきなり休園前の1日数万人のレベルに戻るわけではありません。ディズニー側も感染防止対策を取りつつ、段階的に受け入れ人数を増やすとコメントしています。

そこで今回は、11月からのディズニーは何人入園させるのか、パーク内の施設の営業はどこまで戻るのかをまとめた記事を作成しました。

11月のディズニーは、本来ならクリスマスイベントが開催されて、1年間で一番華やかでハッピーなパークになります。

果たして2021年のクリスマスのディズニーは、どんな様子になるのでしょうか?

 

 

広告

11月の入園者数はどれくらい増える?

 

ディズニーを経営するオリエンタルランド(以下、公式と略す)が10月21日に発表した内容は、公式のこちらのサイトで確認できます。

2021年10月21日付「東京ディズニーランド/東京ディズニーシーの運営について」

https://www.tokyodisneyresort.jp/

 

公式が発表した10月25日以降のパークの営業時間は、こちら。

10月25日(月)~31日(日)

ランド10時開園~19時閉園

シー10開園~19時閉園

11月1日(月)以降~

ランド9時開園~20時閉園

シー9時開園~21時閉園

 

ランドは開園時間が1時間早く、閉園時間も1時間延長され、11月1日からは「エレクトリカルパレード」も再開します。ただし「内容を一部変更して…」とあるので、フロート台数を減らし、ダンサーをカットした短縮バージョンになると思われます。休園前のエレパレは、1か所で全部のフロートを見ると約20分かかる大規模なパレードでした。再開バージョンは10分くらいの規模になると予想します。

シーの方は、開園時間が1時間早くなり、閉園時間は2時間遅くなります。夜のハーバーショーの開催はありません。ショーの代わりに20時頃に花火を開催して、ランドとのバランスを取るのではと予想しています。そのために閉園時間を21時にしたのでは? この辺は公式の発表を待ちましょう。

 

そして気になるのが、規制緩和で入園者数がどれだけ増えるのかということです。緊急事態宣言やまん防が実施されていた期間は、大規模イベント開催の規制によりパークの入園者はかなり抑えられていました。

パークが再開したのは2020年7月からですが、コロナ禍を踏まえたパークの営業が定着したのは9月頃からです。9月~12月の営業時間はランド、シーとも9時開園~21時閉園だったので、11月以降は取りあえずこのレベルまで戻すと思われます。

 

運営カレンダー 入園者数(推定) パークの状況
2021年1月12日~10月24日まで(宣言、まん防実施期間) 10,000人

ランドは終日スタンバイパス発券なし。シーはソアリン、トイストーリーマニア!のみスタンバイパス発券あり。

キャラグリ施設のエントリー受付も休止。

10月25日~31日まで 15,000人

ランドは美女と野獣、ベイマックスはスタンバイパスありか、フル発券。(注)

シーはフル発券

11月1日~ 20,000人~?

ランド、シーともスタンバイパスはフル発券、キャラグリ施設も全施設エントリー受付再開。

2020年9月~12月のパークの入園者数が該当。

 

(注)ランドの美女と野獣、ベイマックスは、2021年10月18日でエントリー受付制を終了、10月19日からスタンバイパス制度に移行しています。

 

ディズニーランド「美女と野獣」「ベイマックス」がスタンバイパス対応になる!?

 

https://sskumatei.com/4292.html

 

<2021年11月7日 追記>

パークの営業時間が延長されて1週間が経過しました。ランド、シーとも入園者数は推定2万人。スタンバイパスは一部発券で営業しています。

11月7日現在でスタンバイパス対応アトラクションは、以下の通りです。

ランド

美女と野獣 魔法のものがたり/終日スタンバイぱすのみ

ベイマックスのハッピーライド/終日スタンバイパスのみ

プーさんのハニーハント/スタンバイパスのみは12時~15時、それ以外はスタンバイ可

シー

ソアリン/終日スタンバイパスのみ

トイストーリーマニア!/スタンバイパスのみは12時~20時、それ以外はスタンバイ可

インディジョーンズ/スタンバイパスのみは10時45分~18時、それ以外はスタンバイ可

 

 

 

チケットの追加販売

 

パークの規制緩和が発表された10月21日の時点では、すでに11月13日までのチケットが販売済で、全日完売していました。

今回、入園者数の緩和、営業時間の延長が決まったことで、10月22日に10月25日~11月13日のチケットの追加販売が行われました。

追加販売の枚数は公表されていませんが、1日当たり5,000枚~10,000枚くらいは販売されたのではと予想します。

今日10月25日(月)の入園分からチケットの追加販売があったのですが、ランドではスタンバイパスは美女と野獣、ベイマックスのみで、他は発券なし。ということで、入園者は13,000人以下だったと推測できます。また今日から「ハロウィーンモーニング」イベントが開催でしたが、事前の予想ほどの混雑は見られませんでした。

 

11月1日(月)以降は、1パーク2万人、12月まではこのペースで営業すると思われます。

入園者数の規制緩和により、ディズニーホテルでは、販売を停止していたシーの「アーリーエントリーチケット」の販売を11月1日から再開します。

このチケットについては、こちらの記事をご覧ください。

 

ディズニーシー「アーリーエントリー」始まる!一般入園がめちゃくちゃ不利になる⁉

 

https://sskumatei.com/3486.html

 

取りあえず、11月、12月のパークはそこそこ混むと覚悟してお出かけした方がよいでしょう。

 

 

レストランやワゴンフードはどうなるの?

 

宣言やまん防中のパークは、入園者を1日1万人ほどに抑えていたので、ランド、シーとも営業する店舗数を減らしたり、営業時間を短縮するなどで対応してきました。

参考に、宣言中のランドのレストランの営業状況は、こんな感じでした。

 

ディズニーランド2021夏 開いているレストランの営業時間まとめ

 

https://sskumatei.com/4034.html

 

11月1日以降のランドのレストランの営業時間などは、公式のこちらのサイトで確認できます。

 

https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/restaurant.html

 

 

ざっと見た感じ、再開する店が増えて、営業時間も9時開園~20時閉園に合わせて延長されていますね。シーの方は9時開園~21時閉園で、こちらもパークの営業時間に合わせてレストランの営業時間が延長されています。

レストランを再開するには、それなりにキャストを増やさなければなりません。キャストを増員する=ゲストが増えるということですから、このことからも、11月からの入園者は確実に2万人は超えそうですね。

 

いかがでしたか。宣言中のパークは10時開園~19時閉園で、なんだか遊び足りないなぁ、という方が多かったと思います。

でも、宣言が解除されて、いざ営業時間延長となると、入園者がどんと増えて、スタンバイパスはフル発券だわ、レストランは混むわで、かなり戸惑いそう。宣言中の空いているパークに慣れている人は、かなり混乱するかも知れませんね。

 

では、この記事が皆さんのお出かけの参考になれば、幸いです。

広告