【ダッフィー】あなたの知らない「旧Lサイズ」の世界 大きなダッフィーを下さい~

皆さん、こんにちは!

東京ディズニーシーの大人気キャラ、ダッフィー!!

シーの、アメリカンウォーターフロントの一角にある、片田舎の港町、ケープコッドに住む、子熊くんです。

 

 

ダッフィーのデビューは2004年11月。最初は「ディズニーベア」としてのデビューでした。

その翌年、2005年11月に「ダッフィー」という名前が付けられて再デビュー。新たなバックグラウンドストーリーも作られました。

すぐには人気が出なかったものの、2008年頃からその存在が徐々にゲストに知られるようになり、2009年秋に人気が大爆発!! 以降シーでは、ミッキー、ミニーと並ぶほどの人気キャラに成長しました。

今やダッフィーグッズは、東京ディズニーシーのグッズ売り上げの3割をたたき出している、強力なコンテンツです。新商品の発売初日には、グッズ販売店に長い行列ができ、入店制限が発生するのは、シーの一種の風物詩?となっています。(あまりありがたくないけど・・・)

 

ダッフィーグッズの売れ線のメインは、着せ替えが楽しめるSサイズ(身長43cm)ですが、これよりふた回りほど大きい、Mサイズ(身長70cm)も人気があります。実はこのMサイズは、以前は「Lサイズ」と呼ばれていました。

 

2011年2月10日に、ダッフィーとシェリーメイの、大きなサイズのぬいぐるみが発売されたと同時に、ぬいぐるみのサイズ表記が一新されました。

そのため、リニューアル前の大きなダッフィーを持っているファンは、手持ちの大きなダッフィーを新商品と区別するため、「旧Lサイズ」と呼ぶようになったのです。

 

ここ数年でダッフィーファンになった方々には、意外と知られていないダッフィーの「旧Lサイズ」。

今回は、筆者が所有する旧Lサイズを例にとって、旧Lサイズに特化した記事を作成しました。

この記事は、実際に東京ディズニーシーで「旧Lサイズ」を購入し、旧Lサイズから新Mサイズへの切り替え時期も体験したたファンが語る、ダッフィーの歴史の1ページです。

 

 

広告
ダッフィー ぬいぐるみのラインナップを知ろう

 

数あるダッフィーグッズの中で、一番の売れ線は、やはり「ぬいぐるみ」です。

現在は、

●Sサイズ/身長約40cm、着せ替えを楽しむ、抱っこサイズ

●Mサイズ/身長約70cm、かかえて抱っこできる大きさ

●Lサイズ/身長約130cm、かなり大きくて重い。持ち歩きには向かないサイズ

こちらの3パターンがラインナップされています。

の、ぬいぐるみのサイズの規格が明確化されたのは、2011年2月11日からです。

 

実は、抱っこサイズをMサイズ、大きい子をLサイズと呼んでいたのは、ダッフィーファンの間で自然に発生した呼び方で、公式な呼び方ではありませんでした。

 

この、サイズ規格の明確化には前段の話があります。

ダッフィーのLサイズは、ダッフィーがデビューした2005年から、ずっと販売しつづけているレギュラー商品です。ちょっと意外でしょ?

抱っこサイズは3,900円、Lサイズは、当時から1万円だったので、ファンにとっては、ちょっとお高めの憧れの品でした。

そのため、毎年11~12月頃は、自分へのご褒美や家族や恋人へのクリスマスプレゼントとして、思い切って購入する需要がありました。

ところが、2010年は、なぜか9月頃から大きい子の品薄状態が続き、10月には完売終了して、お店から大きい子がいなくなってしまったのです。

これに驚いたファンの間では、

「Lサイズがお店から消えてしまった!? もう、大きい子は販売しないの?」

という悲痛な声が飛び交いました。

 

その後、2010年12月に、シェリーメイの大きなぬいぐるみの販売と、ダッフィーのLサイズのリニューアルが同時に公表。

2011年2月10日に、リニューアルした大きい子が「ダッフィー Mサイズ 1万円」として、再びお店に並ぶようになったのです。

 

 

こちらが、私が所有する大きい子2体。

左が旧Lサイズ君、右が新Mサイズ君です。

どちらも、身長70cmですが、お顔をはじめ、毛質、頭や足の大きさなど、全体のバランスが全然違いますね。

 

旧Lサイズ君が着ているお洋服は、2009年、2010年にシーで開催されたハロウィンイベント限定ショー「ミステリアス マスカレード」(略して、ミスマス)で、ミッキーが着用していたコスチュームのレプリカです。

このイベントでは、イベント限定グッズとして、ミスマスのミッキー、ミニーのショーの衣装の、子供サイズのレプリカを販売していました。サイズは、110、130cmの2種類。当時は、このレプリカ衣装を着たお子さんが、大勢、シーを闊歩していましたっけ。これの110cmが、旧Lサイズ君にピッタリなんですよ。

 

右側にいる新Mサイズくんは、2011年、シー開園10周年記念で販売されていた、コスチューム付きのMサイズ君です。コス付きのMサイズ君の販売は、2020年現在まででも、この1回だけです。

 

ここ数年でダッフィーファンになられた方の中には、この切り替え時期を知らない方が多く、Yahoo知恵袋でも時々、

「オークションで、大きなダッフィーを入手したのですが、この子は、Mサイズですか? Lサイズですか?」

という質問が出てきますね。

 

旧Lサイズ君は、こんな子

 

では、旧Lサイズ君の画像を見ながら、新Mサイズ君との違いをチェックしてみましょう。

 

 

旧Lサイズ君の全身画像。

ちょっと眠そうなお顔ですね。購入は、2009年の秋頃です。

旧Lサイズ君は、頭がかなり大きいので、その重みでだんだん前かがみの姿勢になってきています。これは、旧Lサイズをお持ちの方の間では、共通のお悩みのようです。

 

 

 

旧Lサイズ君と、新Mサイズ君の、横顔の比較。

顔と、耳の大きさのバランス、口元の形状が、かなり違いますね。

毛質も、旧Lサイズ君は、やや長めで、毛束感がはっきりしています。新Mサイズ君は、ふわふわした素材で、毛も密集して生えています。

 

 

旧Lサイズ君の、タグのUP。

タグは、尻尾の上あたりに縫い付けられています。毛質の雰囲気もよくわかりますね。新Mサイズ君のタグは、Sサイズと同じく、左足の内側に縫い付けられています。

 

ダッフィーグッズに、製造番号をプリントしたタグが付きだしたのは、2009年11月からです。この旧Lサイズ君は、2009年9月頃に購入したので、時系列的にまだ製造タグはついていません。

旧Lサイズ君は、2010年夏頃まで製造が続いていたようなので、製造タグ付きの子も存在します。なので、タグの有無は、本物、偽物の判断材料にはなりません。

そもそも、ダッフィーの偽物騒動は、一番販売数が多い、Sサイズのぬいぐるみや、ぬいぐるみバッジで起こっている事件です。旧Lサイズ、新Mサイズは、Sサイズより販売数が少ないし、偽物を作る元手もかかるので、たとえ偽物を作っても割に合わないですね。

 

 

新Lサイズ君は、こんな子

 

ダッフィーのぬいぐるみの規格が一新されたことにより、かつて、LLサイズと呼ばれていた身長130cmの子は、「新Lサイズ 5万円」(現在は、消費税UPにより、53,000円)という名称になりました。

身長130cmのぬいぐるみは、小学1年生くらいの背格好になるので、さすがの筆者も、これは、まだ未購入です。すでに、SサイズやMサイズに埋もれて生活している状態なので。(汗)

 

 

ダッフィーの故郷、ケープコッドにあるショップ「アーント・ペグズ」の入り口にディスプレイされているLサイズ君。とにかく存在感がハンパない!

お顔も、Mサイズ君とは雰囲気が違いますね。

 

 

 

2013年のハロウィン期間の、アーント・ペグズの店頭ディスプレイ。

当時は、お店の入り口にブースを設けて、Lサイズ君や季節のコスチュームをまとったSサイズ君たちを集めて、イベントを盛り上げるディスプレイを行っていました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは、2016年1~3月に開催された、「スィートダッフィー」イベントにちなんだディスプレイ。

Lサイズのダッフィー、シェリーメイに、イベント限定コスを制作して着せ、立たせてディスプレイするなど、見せ方がかなり凝ってきました。

 

しかし、この頃から、ダッフィーグッズの新作の発売初日の混雑がひどくなり、発売初日で売り切れが出たり、入店制限や、整理券発行といった、ゲストへの時間的負担も大きくなってきました。

また、お店のディスプレイを撮影したいゲストや、買い物優先のゲストが、店内で交錯して大混雑。危険な状況が引き起こす事故を防ぐため、2017年からは、こういった大掛かりなディスプレイは、行われなくなっています。

ゲストの安全のためとはいえ、なんだか寂しいですね。

 

 

いかがでしたか?

旧Lサイズ1つだけでも、これだけのドラマがあるんですね。ダッフィーの世界って、奥が深いわ~~

実は、ダッフィーには、現Lサイズよりも、もっと大きい子が存在するんですよ。近いうちに、そういった、「でかダッフィー」達を取り上げた記事も作成したいと思っています。

 

広告